本年9月1日(木)・2日(金)に遊園地の安全セミナー「IAAPA セーフティ・インスティテュート」を開催

IAAPAセーフティ・インスティテュートのご案内(於:USJ大阪、9/1-2)

この度、JAMMA(一般社団法人日本アミューズメントマシン協会)は、IAAPA(国際遊園地施設協会、International Association of Amusement Parks and Attractions)が主催する、皆様の最大の関心事であります運営面の安全に関するセミナー、「セーフティ・インスティテュート(Safety Institute)」を協賛することとなりました。

IAAPAは1918年に設立された世界の遊園施設製造業、遊園地及び関連産業を包括する世界最大の同業者団体(非営利組織)です。恒久的施設を有する娯楽施設を主なメンバーとして業界の保護育成を目的とした諸事業を実施しております。

セミナーは、初日の9月1日(木)には安全に関する業界プロフェッショナルによる4つの講演、2日(金)午後にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンの協力によりバックヤードツアー、最新のライド試乗と共に、園内にてレセプションを開催する予定です。全てのプログラムには日英同時通訳が付いております。

会場の都合上、ご参加人数には限りが有りますので、HP上の申込みリンク(http://www.iaapa.org/events-education/events/iaapa-safety-institute-japan)より、7月31日(日)までにお申し込み下さい。
なお、期限前でも会場収容人数上限に達した場合は、参加受付を終了させて頂きますので悪しからずご容赦下さい。

1.会場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®
(住所)〒554-0031 大阪府大阪市此花区桜島2丁目1−33
※両日とも大阪市内(新大阪駅、大阪駅近辺を予定)からの参加者専用送迎バスにより専用入場口からご入場頂けます。一般入場者による混雑を避けるため極力専用送迎バスにご乗車ください。
集合時間、集合地点等の詳細はお申込み者あてEメールでご案内申し上げます。

2.スケジュール
9月1日(木) - セーフティ・インスティテュート
(バスにて集合地点から送迎、午前9時開始)
・本邦遊園施設における安全面のトピックス(日本大学青木教授)
・ASTM(米国安全基準)の理解と応用(Jim Seay, IAAPAグローバル安全部会長)
・施設運営面における安全の基礎及び課題(Doug Akers, リゾートワールドセントーサ取締役)
・(昼食)
・日本における安全への取組(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 松尾 諭(サトシ))
・施設メンテナンスにおける安全確保の視点(Jim Seay)
(午後5時終講、バスにて集合地点へ送迎)

9月2日(金) - 施設見学及びネットワーキング・イベント
(バスにて集合地点から送迎、午後1時から)
・(軽食)
・バックヤードツァー(25名毎、スパイダーマン/バックドロップ/パレードを予定)
・体験試乗(25名毎、ザ・フライング・ダイナソー/ハリーポッターを予定)
・ネットワーキング・レセプション(立食懇親会)
(午後4時終了、バスにて集合地点へ送迎)

3.参加料
(1)9月1日(木)IAAPAセーフティ・インスティテュートのみの参加
   US 99ドル(IAAPA会員企業からの参加者)
   US112ドル(JAMMA会員及び東・西日本遊園地協会会員からの参加者)
   US149ドル(一般参加者)

(2)9月2日(金)IAAPAネットワーキング・イベントのみの参加
   US 109ドル(IAAPA会員企業からの参加者)
   US126ドル(JAMMA会員及び東・西日本遊園地協会会員からの参加者)
   US169ドル(一般参加者)

(3)9月1日(木)及び2日(金)の両日参加
   US179ドル(IAAPA会員企業からの参加者)
   US209ドル(JAMMA会員及び東・西日本遊園地協会会員からの参加者)
   US279ドル(一般参加者)

(註)
※1.参加料には受講料、資料、参加日の昼食、軽食及びレセプション参加料が含まれます。

※2.大変申し訳ございませんが、9月1日及び2日の参加名簿を作成するにあたり、参加申込(ネット)された方は、IAAPAへの申込とは別に、JAMMA酒井まで会社名・役職及び氏名(フリガナ付き)をEメール(sakai@jamma.or.jp)でお知らせください。

【お問い合わせ先】
  一般社団法人日本アミューズメントマシン協会 (JAMMA) 担当:酒井、小池
     TEL:03-3556-5522

  IAAPAアジア大洋州オフィス(香港)
担当:Ms Karen Kong – Manager
     TEL:+852-2538-8299
     E-mail:kkong@iaapa.org

カテゴリー: 遊園施設事業部, JAMMA事務局 |  本年9月1日(木)・2日(金)に遊園地の安全セミナー「IAAPA セーフティ・インスティテュート」を開催 はコメントを受け付けていません。

平成26年度版「アミューズメント産業界の実態調査報告書」を発刊しました

日本アミューズメント産業協会(JAIA)は、第23回目となる業界の実態調査を実施いたしました。

この調査結果を「平成26年度実態調査報告書」として4月11日(水)に発表、当日からの販売を開始しております。

今回の調査報告書は平成26年度(平成26年4月~平成27年3月末)の産業界実態をまとめ、業界の最新の動きを把握できるものとなっております。

また、今後とも実態調査を継続して実施し、このアミューズメント産業界の推移を時系列で把握できる統計資料の整備を行なう予定です。

報告書の主な項目
○アミューズメント産業界の市場規模

○業務用AM機の販売高
・国内販売および輸出別販売高
・機種別内訳
・輸入実績
・今後の機種別販売予想 等

○オペレーション(ゲームセンター)の売上高
・営業形態別売上高
・機種別売上高
・営業形態別設置台数
・機種別設置台数
・今後の機種別売り上げ予想 等

○ゲームセンター利用者調査結果
・利用者のプロフィール、目的の調査
・利用者の支出金額、利用回数 等
(これまで調査対象としていた家庭用ゲーム機分野については、今回調査から対象としておりません。ご了承ください。)

26年度アミューズメント産業界実態調査報告書(概要)(pdf)(2016/04/13に差し替えました)

なお、販売方法は次の通りです。

○ 頒布価格(税込)は一部2,000円といたします。
○ 販売は、(一社)日本アミューズメントマシン協会 事務局が行ないます。
直接事務局にお越しいただくか、現金書留に代金と返信用封筒(A4サイズ、¥400分の切手貼付、返送先明記)を同封いただき、下記までお申し込みください。
(一社)日本アミューズメントマシン協会 事務局(営業時間 9:30-17:00)
担当: 片岡
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-8-11 飛栄九段ビル 8F
TEL 03-3556-5522㈹

カテゴリー: JAMMA事務局 | 平成26年度版「アミューズメント産業界の実態調査報告書」を発刊しました はコメントを受け付けていません。

平成26年度版「アミューズメント産業界の実態調査」について

例年10月に日本アミューズメント産業協会(JAIA)から発行しております、「アミューズメント産業界の実態調査報告書」ですが、本年度は諸般の事情により発行が大幅に遅れております。

報告書は発刊の最終段階にありますが、当初ご案内していた年度内(3月中)の完成版発行は難しい状況です。

概要の数字(AM機の製品販売高及びオペレーションの売上高)のみ、ご報告させていただきます。

アミューズメントマシンの製品販売高
1,611億円

オペレーション(ゲームセンター等アミューズメント施設)の売上高
4,222億円

完成版の報告書は、4/11(月)に発表させていただきますので今しばらくお待ちください。

何卒、ご理解賜りますようにお願い申し上げます。

カテゴリー: JAMMA事務局 | 平成26年度版「アミューズメント産業界の実態調査」について はコメントを受け付けていません。

平成25年度版「アミューズメント産業界の実態調査」を発刊しました

日本アミューズメント産業協会(JAIA)は、第21回目となる業界の実態調査を実施いたしました。

この調査結果を「平成25年度実態調査報告書」として10月15日(水)に発表、当日からの販売を開始しております。

今回の調査報告書は平成25年度(平成25年4月~平成26年3月末)の産業界実態を
まとめ、業界の最新の動きを把握できるものとなっております。

また、今後とも実態調査を継続して実施し、このアミューズメント産業界の推移を時系列で把握できる統計資料の整備を行なう予定です。

報告書の主な項目
○アミューズメント産業界の市場規模

○業務用AM機の販売高
・国内販売および輸出別販売高
・機種別内訳
・輸入実績
・今後の機種別販売予想 等

○オペレーション(ゲームセンター)の売上高
・営業形態別売上高
・機種別売上高
・営業形態別設置台数
・機種別設置台数
・今後の機種別売り上げ予想 等

○家庭用ゲーム機の販売高
・国内販売および輸出別販売高
・機種別ハード・ソフト別販売高、出荷数
・今後の機種別販売予想 等

○ゲームセンター利用者調査結果
・利用者のプロフィール、目的の調査
・利用者の支出金額、利用回数 等

 

なお、販売方法は次の通りです。

○ 頒布価格(税込)は一部2,000円といたします。
○ 販売は、(一社)日本アミューズメントマシン協会 事務局が行ないます。
直接事務局にお越しいただくか、現金書留に代金と返信用封筒(A4サイズ、¥400分の切手貼付、返送先明記)を同封いただき、下記までお申し込みください。
(一社)日本アミューズメントマシン協会 事務局(営業時間 9:30-17:00)
担当: 片岡
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-8-11 飛栄九段ビル 8F
TEL 03-3556-5522㈹

 

カテゴリー: JAMMA事務局 | 平成25年度版「アミューズメント産業界の実態調査」を発刊しました はコメントを受け付けていません。

生産性向上設備投資促進税制説明会を開催しました

平成26年1月20日に産業競争力強化法が施行され、
「生産性向上設備投資促進税制の適用が開始されました。
JAMMAでは、アミューズメント業界でもこの制度を広く
活用いただくため、経済産業省から、
製造産業局産業機械課、横山篤史課長補佐を講師に
お招きして、4月24日(木)アルカディア市ヶ谷において
業界関係者を対象とした説明会を開催しました。

当日は、AM機器メーカーや関連製品メーカー、
オペレーターやディストリビューター、遊園地関係企業などから、
69名もの参加者があり、講師のお話に真剣に耳を傾け、質疑応答では
熱心に質問される姿が見られました。

s-IMG_5300        講師の経済産業省産業機械課 横山課長補佐(左)及び山中係長(右)

s-IMG_5289                    真剣に聴講する参加者の様子

カテゴリー: JAMMA事務局 | 生産性向上設備投資促進税制説明会を開催しました はコメントを受け付けていません。

第4回JIS化ワーキンググループを開催しました

これまで国が規定していた電気用品の安全規格が、近年の国際的な傾向にあわせ、民間が整備するJIS規格等に委ねられることになったことを受け、JAMMAでも国際規格に整合したアミューズメント機器関連のJIS規格化に向けて動き始めています。
3月25日には、第4回目となるJIS化ワーキンググループを開催し、規格原案に関する技術的側面からの検証作業を行いました。

カテゴリー: JAMMA事務局 | 第4回JIS化ワーキンググループを開催しました はコメントを受け付けていません。

JAEPO協議会を開催、JAEPO2015開催に向け最初の1歩を踏み出しました

平成26年4月15日にJAEPO協議会を開催致しました。
この協議会では、山下実行委員長により開催したJAEPO2014の開催結果及び小島新実行委員長により開催されるJAEPO2015の実施概要について審議が行われました。
また、JAEPO実行委員長表彰規程により、2年間の任期を恙無く全うされた山下滋前実行委員長に対し、JAMMA里見会長及びAOU飯澤会長から感謝状が贈呈されました。山下前委員長への感謝状贈呈の様子

 

カテゴリー: JAMMA事務局 | JAEPO協議会を開催、JAEPO2015開催に向け最初の1歩を踏み出しました はコメントを受け付けていません。

第10回JAMMA理事会開催

平成26年3月27日午後3時より、JAMMA会議室において平成25年度最後の理事会となる第10回JAMMA理事会を開催致しました。
定款に基づき会長が議長となり、出席理事数が定款第32条の成立要件を満たす旨報告を受けた上で、議事に入りました。

s-140327第10回理事会

上程された以下の案件は、資料に基づき説明があり、審議の上、承認されました。
第1号議案 会員の入会に関する件
第2号議案 平成26年度の事業計画(案)に関する件
第3号議案 平成26年度の収支予算(案)に関する件
第4号議案 ジャパン・アミューズメント・エキスポに関する件
第5号議案 景品提供営業に関するガイドラインの改正に関する件
第6号議案 任期満了に伴う役員選任の件
第7号議案 平成26年度定時総会の開催承認に関する件
第8号議案 その他

また、以下の件については事務局から報告が行われました。
報告事項
(1)事業執行状況の報告について
(2)中小企業の資金繰り支援策について
(3)設備投資減税について
(4)SC施設事業部の海外ロケの視察について
(5)年間スケジュールについて

 

カテゴリー: JAMMA事務局 | 第10回JAMMA理事会開催 はコメントを受け付けていません。

第2回予算委員会を開催しました

JAMMAでは、次年度の予算案を作成するにあたり、各事業部、各部会の活動に精通したメンバーからなる予算委員会により素案を策定し、この案を理事会での審議を経た上で、最終的には5月の総会で会員各位から承認をいただくこととしております。
平成26年3月4日に第2回予算委員会が開催され、平成26年度予算及び事業計画について審議いただきました。
委員会の皆様には年度末のお忙しい時期にもかかわらず、協会予算の策定にご協力いただきありがとうございました。

出 席 者:
委員長  橘 正裕  (株)バンダイナムコゲームス
委 員  中川 実  三精テクノロジーズ(株)
委 員  小野良文  (株)ホープ
委 員  小島理一  (株)タイトー
委 員  内田慎一  (株)友栄
専務理事 上山辰美  (一社)日本アミュ-ズメントマシン協会

s-H26年度予算委員会

カテゴリー: JAMMA事務局 | 第2回予算委員会を開催しました はコメントを受け付けていません。

生産性向上設備投資促進税制に関する説明会のご案内

各  位

(一社)日本アミュ-ズメントマシン協会
会 長  里 見   治

生産性向上設備投資促進税制に関する説明会のご案内

拝啓 貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
平素より当協会の事業活動にご理解ご協力を賜り誠にありがとうございます。
さて、既にご案内の通り、平成26年1月20日に産業競争力強化法が施行され、「生産性向上設備投資促進税制の適用が開始されました。
この制度は、一定の要件を満たした設備投資に税制上の優遇措置が適用される制度です。
※制度の概要については、JAMMAの生産性向上設備投資減税に関するホームページをご覧下さい。

この度JAMMAでは、アミューズメント業界の関係企業にこの制度を広く活用いただくため、経済産業省より講師をお招きし、下記により説明会を開催することとなりました。
関係企業におかれましては、経営企画部門、営業部門、経理財務部門、総務部門など関係部署に幅広くお声がけを頂き、是非この機会をご活用頂きますよう、お願いかたがたご案内を申し上げます。

敬具

日  時:平成26年4月24日(木)15:00-16:30
場  所:アルカディア市ヶ谷 6F 霧島
東京都千代田区九段北4-2-25 ※JR・地下鉄「市ヶ谷駅」より徒歩2分(ご案内図
講  師:経済産業省製造産業局産業機械課課長補佐 横山篤史 氏
内  容:生産性向上設備投資促進税制についての実務的な説明
対  象:AM機器、遊園施設機器、関連機器メーカーの営業・総務のご担当者等
AM施設、遊園施設等の経営者・経理財務・総務・機械購入のご担当者等
定  員:60名
会  費:無 料
申  込:別紙によりJAMMA事務局までお申し込み下さい。
締  切:4月18日(金)※定員になり次第、締め切らせて頂きます。

カテゴリー: JAMMA事務局 | 生産性向上設備投資促進税制に関する説明会のご案内 はコメントを受け付けていません。